phototerme

カテゴリ:09-10 BELGIUM( 6 )

朝の交差点 in Mechelen

b0201230_20434150.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

朝9時、人けのない交差点を渡り、街の中心グローテ・マルクトを目指す。
[PR]
by diecieuro | 2010-11-01 20:54 | 09-10 BELGIUM

ナミュールのシタデルから

ナミュール駅から川を隔てた先にあるシタデルから望むナミュールの街の眺望は、僕のベルギー旅行のハイライトであった。
b0201230_21561852.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

ベルギー滞在最終日、ブリュッセルに宿を構えていた僕は、夕方の帰国便までの間、ワロン地方の街ナミュールを訪れた。
前日から降り続いていた雪の影響で辺りは一面雪道。
ツルツル滑る階段と坂道に苦戦をしながら、シテデルの頂上へと向かう。
シタデルから街を眺めると、いくつのも煙突から噴き出る煙が、あたかも街そのものが生きているかのような感覚に陥らされる。

旅のフィナーレを飾るに相応しい美しい景色だった。
暫しの間、ナミュールの街を眺めながら旅の余韻に浸っていた。
[PR]
by diecieuro | 2010-10-28 00:48 | 09-10 BELGIUM

What color do you like?

b0201230_2374457.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

ベルギー、ブリュッセルといえば小便小僧が有名であるが、ゴディバやレオニダスなど有名なチョコレートショップが数多く軒を連ねるブリュッセルで、果たしてこのチョコレートは売れているのだろうか…。
[PR]
by diecieuro | 2010-09-14 22:35 | 09-10 BELGIUM

「フランダースの犬」の舞台

b0201230_2215485.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

アントワープに到着後まず目指したのは、「フランダースの犬」で最後にネロとパトラッシュが訪れた場所でもあるノートルダム大聖堂だ。
その鐘楼の高さに圧倒され、暫しの間首を上げ、青空に高く突き上げられた鐘楼を眺めていた。
[PR]
by diecieuro | 2010-09-05 22:31 | 09-10 BELGIUM

アントワープ中央駅

ブリュッセルからICで約40分。
アントワープに着くと壮大な駅舎が迎え入れてくれる。
b0201230_23231314.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

この駅を見れただけでも、「アントワープを訪れて良かった。」そう思えるほど美しい建築だ。
[PR]
by diecieuro | 2010-09-04 00:04 | 09-10 BELGIUM

1月1日8時51分のグラン・プラス

b0201230_0135568.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

冬のヨーロッパの朝は暗い。朝9時が迫ろうかというのに、まだ日は昇りかけのようだ。
更にはNew Year's Dayということもあってか、彼のグラン・プラスにもひとっこひとりいない。

この空間を一人占めできるは贅沢なのかもしれないが、グラン・プラスといえば華やかなイメージを想像していただけに少々寂しい。

「さすがに早く出発し過ぎたか」と後悔しつつ、街が動き出すまで時間を潰そうと、当初午後から訪れる予定だったアントワープへ移動することにした。
[PR]
by diecieuro | 2010-09-03 00:37 | 09-10 BELGIUM