phototerme

カテゴリ:2009 GERMANY+( 10 )

メンヒスベルクの丘より

b0201230_22193193.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

ザルツブルクにやってきたのは、この丘から望む景色を見るため。
生憎の空模様であったのが残念だったが、これでザルツブルク訪問の目的を果たした、というちょっとした満足感と共に、宿泊先のミュンヘンへと戻ることにした。
[PR]
by diecieuro | 2013-02-24 22:31 | 2009 GERMANY+

ミュンヘンの建築#3

b0201230_20275526.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

オリンピック公園のすぐ脇にあるBMWのショールームWELT。

入場無料ということを知らずに、この時はスルーしてしまった。

次回機会があれば…。
[PR]
by diecieuro | 2011-04-25 20:38 | 2009 GERMANY+

ミュンヘンの建築#2

b0201230_0455168.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

モダン・ピナコテークの脇にあった建物。
[PR]
by diecieuro | 2011-04-25 00:47 | 2009 GERMANY+

ミュンヘンの建築#1

b0201230_2055086.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

特にあてもなく散歩中、偶然見つけたマンション。
オシャレで日当たり良好。
住んでみたい。
[PR]
by diecieuro | 2011-04-19 20:58 | 2009 GERMANY+

ノイシュヴァンシュタイン城内部へ

b0201230_2014562.jpg
城内への入場時間が近づいてきたため、マリエン橋から徒歩でノイシュヴァンシュタイン城へと向かう。

周辺の眺めも良く、ちょっとしたハイキング気分で道を下ること数分、城のエントランスに着くと、辺りは入場時間を待つ観光客で溢れかえっていた。
その様子はさながらテーマパークのようで、先ほどマリエン橋からこの城を眺めた時の感動も薄れていくほど、興醒めの光景だ。

城の壁も白く綺麗な状態が保たれているようで、正にこの空間だけは彼のディズニーランドのようである。

城内も特に目を魅かれるような部屋もなく、ただただオーディガイドと共に城内を歩いているような状態であった。元々こうした宮殿系には興味がないこともあり、あまり城の内部には期待していなかったが、それでもやはりガッカリ感は否めない。

ノイシュヴァンシュタイン城はマリエン橋から眺めることがハイライトで、入場するのはオマケみたいなもの、と考えて臨むくらいが良いかもしれない。


E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
b0201230_22155639.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
[PR]
by diecieuro | 2011-04-01 22:18 | 2009 GERMANY+

白亜の城へ

「せっかくミュンヘンまで来たのだから」

ミュンヘン滞在中、半ば義務的に訪れることにしたのが、ロマンチック街道の終点であり、ミュンヘンからはそれほど苦労することなく訪れることのできるノイシュヴァンシュタイン城だ。

ミュンヘン中央駅でバイエルンチケットを購入し、途中ブーフロエ駅で電車を乗り継ぎ、ノイシュヴァンシュタイン城へのアクセスの起点となる街、フュッセンへ。5月の車窓から見ることのできる、どこまでも続く黄色く咲き乱れるたんぽぽと、青々とした草原の景色は何とも美しい。

フュッセン駅に着くと、すぐにノイシュヴァンシュタイン城行きのバスがやってきた。観光客が多く、とても座れる状況ではなかったたため、立ったままバスに揺られること10分弱、ノイシュヴァンシュタイン城のチケットセンター前へ到着した。
チケットを購入後はシャトルバスを使いマリエン橋へと向かう。
マリエン橋から眺めるノイシュヴァンシュタイン城は、よくガイドブックやパンフレットの写真に使われており、最もノイシュヴァンシュタイン城が美しく見えるスポットであろう。
b0201230_2322558.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

さて、僕が訪れた時は残念ながら見事に工事中であったが、それを差し引いても素晴らしい眺めであった。
断崖に築かれた白亜の城、そして城の向こうに広がる平原と湖が織り成す絶景は、半ば義務的にこの城を訪れることにした僕の心を一蹴してくれた。
b0201230_23385311.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
[PR]
by diecieuro | 2011-03-28 23:40 | 2009 GERMANY+

バイエルン・ミュンヘン観戦

b0201230_1161056.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

ドイツは旅行者ではサッカー観戦のチケットがなかなか取れないと聞いていたが、イタリア、スペインでは当日券を買って観戦するのが当たり前だった僕は、いくらドイツでもチケットが売り切れなんてことはないだろうと高をくくっていた。

ところが試合日当日スタジアムに着くと、チケットが売っているどころか、ドイツ人が「チケット譲ってくれ」のプラカードを持っているではないか。ドイツのサッカー人気を甘く見ていたことを後悔しつつ、道行く人と逆方向を向き、「チケット譲ってください」紙をかざす。

結果は写真の通り、恥ずかしさを堪えつつ何とかゲットしたチケットで、無事観戦することが出来た。
b0201230_0521794.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
[PR]
by diecieuro | 2010-10-19 01:18 | 2009 GERMANY+

Marienplatz

b0201230_2253517.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

ミュンヘンの観光の起点となるマリエン広場。
ミュンヘン滞在中は毎日ここを訪れていた。

そーいえば、ブリュッセル滞在中もグラン・プラスには毎日訪れていたし、ヨーロッパのどの街に行っても、必ず市庁舎前の○○広場には足を運ぶ。

大概の市庁舎はその街の顔ともいえるほど立派な建築だし、その市庁舎の前には必ず広場があって、観光客や地元民が各々の時間を過ごしている。

僕もそこに交じって、市庁舎を眺め、行き交う人を眺め、異国の空気、その街の空気を味わうのが好きだ。
[PR]
by diecieuro | 2010-10-17 02:26 | 2009 GERMANY+

in Munich

b0201230_239930.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

ミュンヘンではあまりヨーロッパらしい建築物を目にすることができないが、ホテルからマリエン広場へ向かう途中に偶然発見したこの建物は、如何にもヨーロッパらしい重厚な建築物だ。
結局これが何の建物だったのかわからないが、こういった建物を見ると自分がヨーロッパに来たんだと深く実感できる。
[PR]
by diecieuro | 2010-09-01 22:56 | 2009 GERMANY+

ザルツブルク×小雨

b0201230_19373615.jpg
E520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

ミュンヘンから電車で2時間。張り切ってやってきたザルツブルクは生憎の空模様であった。傘をさしていると片手が塞がり、旅先での楽しみである写真が満足に撮れないので、旅行中の雨は本当に大敵だ。
雨宿りのために避難しながらパシャリと一枚。
[PR]
by diecieuro | 2010-08-31 19:57 | 2009 GERMANY+