phototerme

カテゴリ:2007 ITALY( 5 )

オルヴィエートの街角

ローマから電車で小一時間、小高い丘の上にある街オルヴィエート。

前日に訪れたアッシジの印象が強かったせいか、訪れた際の感動はあまりなかったのだが、立派なドゥオーモがあり、街から見下ろす周囲の眺望も気持ちよく、こじんまりとした街らしい落ち着いた雰囲気もなかなか良かったので、また機会があれば訪れてみたい街だ。
b0201230_141456.jpg
b0201230_1421429.jpg
b0201230_1424270.jpg
Caplio R6
[PR]
by diecieuro | 2011-12-08 02:00 | 2007 ITALY

Orvieto

b0201230_0291612.jpg
Caplio R6

通りを歩いていると、突如目の前に姿を現す大聖堂。
遠くから視界に収まりじわじわ近づいていくよりも、こういったアプローチの仕方の方が驚きや感動が大きくて好きだ。
[PR]
by diecieuro | 2011-12-06 00:50 | 2007 ITALY

Musei Capitolini

b0201230_122953.jpg
Caplio R6

古代の彫刻やモザイクに取り分け惹かれる性分としては、カピトリーニ美術館に展示されているこのマルクス・アウレリウス帝の騎馬像は衝撃的なカッコ良さであった。

近代的なガラス張りの広い空間に展示されており、古代と現代の二つの芸術が織り成すその空間に心を揺さぶられた。
[PR]
by diecieuro | 2010-10-26 01:29 | 2007 ITALY

Piazza della Repubblica

b0201230_232037.jpg
Caplio R6

ローマの夜景でどこかが一番好きかと問われれば、僕はおそらく「共和国広場の夜景が好きだ」と答えるだろう。ロータリーの中心で水を上げる巨大なナイアディの噴水と、広場の周囲半分を囲む半円形の建物が織り成す景観は、息をのむ美しさだ。

そんな美しい夜景の広場なのだが、三脚など持ち歩いていなかった当時ではこれが精一杯の写真である。今ならばGXRを携えてローマに乗り込み、もっと良い写真が撮れそうな気がする。イヤ、絶対に良い写真を撮ってやる。

ココはいずれリベンジしに訪れたい撮影スポットだ。
[PR]
by diecieuro | 2010-09-07 21:52 | 2007 ITALY

Fontana di Trevi

b0201230_2330299.jpg
Caplio R6

狭い路地を歩いていると、水の流れる音が聞こえてきた。
更にその音に引き寄せられ路地を進むと、突然視界が開け、
辿りついた先には、ローマが誇るバロック芸術の傑作が待ち構えていた。
[PR]
by diecieuro | 2010-08-26 22:04 | 2007 ITALY