phototerme

カトマンズのダルバール広場

タクシーでタメルへ戻ると、歩いてダルバール広場へと向かうことにした。
いくつもの通りが交わる交差点アサン・チョークを過ぎたあたりで、人人人の群れに早速嫌気がさしてきたが、何とかダルバール広場に到着。

一人でゆっくり見学しようと思っていたが、入場チケットを買ってすぐガイドに声をかけられてしまった。
始めは断るつもりで適当にあしらい、近くの寺院に腰掛け地図を眺めていると、延々と目の前で僕に対して説得を始めた。

「あなたたちは高い金を払ってわざわざネパールに来ているのに、安いガイド代をケチってネパールのことを何一つ理解せずに帰っていってしまう。」

これはある種ガイドの決まり文句なのかもしれないが、言っていることは極めて真っ当だ。
いったいどれほどの観光客がこのネパール、ダルバール広場のことを理解して見学しているのだろうか。
誰もが薄っぺらいガイドブックを眺めて適当に写真を撮って満足してしまっているのではないだろうか。
自分自身そういった傾向があることも全くもって否定できない。

僕は彼の熱心な誘いに負け、ガイドをお願いすることにした。
b0201230_22223381.jpg
GXR + GR LENS A12 28mm F2.5

彼のガイドでは、ネパールの生き神クマリの事細かな選出方法や、ヒンドゥー教や仏教の話、何故ヒンドゥー教と仏教が共存できるのか、広場内の寺院の成り立ちなど、多岐に渡る説明をしてくれた。

今まで観光地でのガイドは全てお断り、というスタンスで臨んでいたが、たまにはガイドをお願いして自身の見識を深めるのも悪くないな、そう思える経験であった。
b0201230_22344947.jpg
GXR + GR LENS A12 28mm F2.5
[PR]
by diecieuro | 2012-05-15 22:39 | 2012 NEPAL